パチンコをやめる方法

パチンコの弊害を知る

パチンコは時間とお金の無駄であるとの認識が必要です。

あなたがパチンコで負けた1万円で、何が出来たでしょうか?

家族との食事
恋人へのプレゼント
日帰りで旅行

他の事柄に使えば、あなたはもっと幸せな時間を過ごせたかもしれません。
そしてあなたは、もっと優しくいられたかもしれません。


レジャー白書2014年によればパチンコ市場規模は
平成元年の遊技人口は2,990万人で市場規模が15兆円。
平成26年は遊技人口が970万人と激減しているのに対して、市場規模は18兆8千億円に膨れあがっています。

これは、年間の遊技費用が平成元年には50万円程度に対して、平成26年には193万円程度に急増しているのです。
18兆円の金額がもっと違う使われ方をしていれば、日本はもっと景気あふれる国になっていることでしょう。

  遊技人口 市場規模 一人当たり遊技費用
平成元年 2,990万人 15兆円 50万円
平成26年 970万人 18兆8千億円 193万円

※一人当たり遊技費用は、単純計算によるもの。

パチンコ依存症だと認識する

当サイトでは、パチンコ依存症チェックのプログラムを用意しています。
無料で診断が可能ですので、まずはあなたの実情を知る事をお薦めします。


ストレスの原因を低減させる

パチンコ依存症とはで記述しましたが、依存者の多くはストレスが積み重なってパチンコへと没頭させています。
感じているストレスを可能な限り取り除く事も肝心です。
また、ストレスを感じているのにストレスを感じていないと偽った思考は、自己逃避であってストレスを複雑にします。
まずは、ストレスになっているものを認識し、真っ正面から対処していくという姿勢が大切です。
現実から逃げてはいけません。
専門のカウンセラーと一緒に解決していくという選択が有効とされていますが、当サイトではそういった悩みを共有できる無料のコミュニティの広場を設けています。
問題の共有、そして感じている事を素直に話してみませんか?
もしかしたら解決の道がひらけるかも知れません。

決意する事

パチンコをやめると決心しても、小遣いや給料が入るとパチンコ店に行ってしまいます。
心で決心しても、行動は違います。

まずは、やめるという決心を紙に書いて貼って宣言する事が有効です。

当サイトでは、禁パチ宣言という無料サービスを設けています。
禁パチしてからの日数がわかり、心境などをブログに書く事により、同じ境遇の人と交流を深め、自助の精神で、あなたを脱パチンコへと導きます。

自助の精神と支え合い

当サイトは、パチンコに苦しむ人たちが匿名で交流が可能な自助グループを提供しています。
自助の精神で、同じ境遇の人が意見交換やアドバイスによりパチンコ依存から抜け出す事を目的にしています。

自助の精神とは

自助とは、幸せになる為に、自分を大事にするという事です。
弱い自分を放置せず、自分を強くして幸せになろうとします。

当サイトでは、ネット上の自助グループのコーナーがあります。
参加無料の完全匿名制です。
あなたも思いを共有し問題解決の糸口になることを願っています。



いいねと思ったら、SNSで共有しよう。


パチンコ依存症とは

パチンコ依存症とは、病的賭博と言い精神疾患のひとつで、パチンコに対する依存症です。




パチンコをなぜやめられないのか

心理的依存スパイラルと脳内の神経伝達物質の影響が大きく影響しています。




メインメニュー


どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本-【電子書籍】

どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本