行かないとどうなるか?


パチ屋から遠ざかるとどうなるの?という質問の方がいましたので参考になれば・・・。
※消費者金融に借金を嫁に3度目の告白。
行かなくなると、確かに借金返済の家族への罪悪感・自己嫌悪・当然、やらかした本人ですので孤立感・被害妄想のようなモノはかなりありました。月1、2のコンビニへの返済も確かに気が重く、何度、逆に引き出そうかとも・・・まあ、利用明細書見たら一発バレですし、やはり良い方向への変化もありましたし。
まずは、パチ屋通いばかりで、ハッキリ言って世間から置いてかれていました。
季節の変わり目、いつもの通勤路の変化・・・それすから気づかない日々だったんだな、と・・・当然ですね、毎日毎日どうしよう?どうしよう?と下ばかり見てましたから。
自己都合の良い話ですが、全てを打ち明けてから、食事も大変美味しくなりましたし、パチ以外のネタでしか会社では話さなかったので、それ以外の事を積極的に会話に取り入れることで仲間との話題も増え、パチ屋・借金という悩みが或る意味、取れたので仕事にも身を入れることができましたね。
借金を返済した頃には、人間性もある程度改築できたのと、毎月返済の重圧が消えたせいか、特に嫁との関係も良好に・・・もっとも今でもやはり、根はあり稀に激しい口論になりますが、当時とは違い夫婦喧嘩の枠です。
パチ屋に行く幸せが、1なら、現在は99はそれ以外の楽しみ・幸せです。
制限された小遣いでも、好きな物を買って食べ飲み、YouTubeを見たり、ゲームしたり、雑談したり、散歩したり・・・それが今の生活になります。確かに1年くらいまでは禁断症状的な事もありましたし、衝動は現在もありますが、クリニックに通ってアドバイス・腹の中のストレスを吐き出し、3年半以上続いてます。たったその時の1の満足の為に、残り99は失いたくありません。
長文失礼しました。

ログインしてコメントする

Yahoo! JAPANのアカウントでログインする facebookでログインする twitterでログインする

Yahoo!Japan、facebook、twitterのアカウントをお持ちの方は、ログインボタンを押すだけでコメントが可能です。

メインメニュー


どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本-【電子書籍】

どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本