学校職員が710万円着服「全てパチンコに使った」


東京・練馬区の小中学校に勤務していた女性職員が教材費などを着服していたことがわかりました。被害額はおよそ710万円に上るということです。

練馬区教育委員会によりますと、練馬区の小中学校に非常勤で勤務していた女性職員(49)は、2012年9月から今年4月にかけて、保護者から集めた教材費や給食費などを65回にわたって着服していたということです。

女性職員は、校長室から印鑑を無断で持ち出し、学校の口座から引き出すなどしていて、被害額はおよそ710万円に上るということです。女性職員は「全てパチンコに使った」と話しているということです。

「信頼回復に全力を尽くしてまいります。この度は誠に申し訳ございませんでした」(練馬区教育委員会)

 教育委員会は女性職員を解職処分とし、警視庁に刑事告訴する方針です。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2799103.html

すべてをパチンコにつぎ込み、職場のお金も横領してパチンコへ・・・

パチンコは時として、人生そのものを捨てる事になります。

パチンコで負けて自殺したなどよくある話ですが、そんな結末は誰も望んでいません。

なぜパチンコに行くのか?

寂しいから? ストレスが溜まったから? 暇だから?

違います。

それは、「逃げ」から来ています。

寂しさやストレスからあなたは逃げていませんか?

都合よく、パチンコへ行く理由を並べて自分を正当化していませんか?

メインメニュー


どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本-【電子書籍】

どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本