小学校校長、パチンコ店でカード盗み懲戒免職


熊本県は10日、パチンコ店で前の客が抜き忘れたICカードを盗んだとして、小学校の校長を懲戒免職にした。県の聞き取りに校長は「なぜしてしまったのか分からない。子供や地域の信頼を裏切り申し訳ない」と話している。

 県によると、校長は1月1日午後2時ごろ、同県菊池市のパチンコ店で、残金約3千円の他人のカードを一部使用。途中で持ち主とみられる男性からカードについて聞かれたが「知りません」と答え、持ち帰った。

 翌2日、同じ店の精算機で残りを換金しようとしたが使えず、店員に連絡。店員は、持ち主が届けていたため警察に通報した。校長は2月に窃盗の疑いで書類送検され、不起訴処分となった。

http://www.sankei.com/affairs/news/160310/afr1603100047-n1.html

パチンコが好きな校長がいても不思議ではありませんが、立場が立場だけに非常に残念です

生徒に申し開きは出来そうにありませんね。

パチンコで残るのは、勝った記憶、借金、後悔です。

パチンコで人生を失う人は多数いますが、人を幸せにできる人はいません。

メインメニュー


どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本-【電子書籍】

どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本