6歳男児を浴室に監禁容疑 母親ら「パチンコ行くため」


男児(6)を自宅の浴室に閉じ込めたとして、大阪府警はいずれも無職で大阪府枚方市の実母(32)と内縁の夫(28)を監禁容疑で逮捕したと14日、発表した。2人は「パチンコに行くためだった」と容疑を認めているという。

 枚方署によると、2人は13日午前9時ごろから約2時間、自宅1階の浴室内に男児を閉じ込め、ドアノブを外側から結束バンドで縛って監禁した疑いがある。2人はこの間、枚方市内のパチンコ店に行っていたという。

 「子どもの泣き声がする」という近所の女性の110番通報で駆けつけた署員らが、同10時50分ごろ、湯船につかった男児を保護。男児は「寒い」と話していたが、監禁によるけがはないという。

 また、2階の和室も同様にふすまが開けられないように結束バンドで縛られており、室内から9歳と1歳の女児が見つかったという。同署は女児2人への監禁容疑でも捜査している。

 5人は昨年12月からこの家に住んでいたという。府警は、2人がこれまでも子どもたちを閉じ込めてパチンコに出かけていた可能性があるとみて調べている。

http://www.asahi.com/articles/ASJ2G4CDNJ2GPTIL003.html

パチンコに行きたい衝動に駆られて、愛する子供を監禁する事件が起きました。

パチンコに没頭する傾向にある人は、逃げる癖のある人が多いのも特徴です。

現実逃避や自己認識することを否定する人など、問題を一時的に忘れる為にパチンコに行くことが多いようです。

負けてお金がなくなれば、さらにストレスを感じ
お金さえあれば家族や仕事を犠牲にしてまで
パチンコへとさらなる依存を増していきます。

あなたは、なにかから逃げていませんか?

メインメニュー


どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本-【電子書籍】

どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本