「パチンコ軍資金ほしくて…」依存症治療施設で6千円窃取、元入所者


入所したギャンブル・アルコール依存症の治療施設で金を盗んだとして、奈良県警高田署は15日、窃盗の疑いで、住所不定、無職の容疑者(28)を逮捕した。容疑を認め「パチンコの軍資金ほしさに盗んだ」と供述しているという。

 逮捕容疑は、平成23年11月9日、同県大和高田市内の依存症治療施設の金庫から、現金6千円を盗んだとしている。

 同署によると、容疑者は同年6月、90日間の治療カリキュラムを受けるために入所。終了後も手伝いなどをして施設で生活していたが、11月9日に金庫から現金がなくなったため職員が調べたところ、犯行を自白し、同月末に退所した。

 昨年12月24日、容疑者が「金がなく、泊まるところもない」と施設を訪れたため泊めたところ、翌25日に現金14万円が入った職員の財布が盗まれたため、施設側が被害届を提出していた。同署で余罪があるとみて調べている。

http://www.sankei.com/west/news/160115/wst1601150079-n1.html

非常に、残念なニュースです。
依存症で入所した施設で治療カリキュラムを受けたが、犯行に及ぶ・・・
依存症の根は奥深いようです。

メインメニュー


どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本-【電子書籍】

どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本