偶然いた友人「何してんだ?」 強盗未遂容疑で男逮捕


近所のコンビニエンスストアに押し入って、金を奪おうとしたとして、千葉県警木更津署は2日、袖ケ浦市の無職の容疑者(48)を強盗未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。偶然、店に居合わせた友人に声をかけられて断念し、直後に捕まった。「パチンコで負けてしまい、金がほしかった」と認めているという。

 発表によると、容疑者は2日午後6時ごろ、同市蔵波のコンビニに押し入り、金を奪おうとした疑いがある。

 署によると、客を装って入店した容疑者は持参した果物ナイフを女性店長(45)に突きつけて金を要求。直後に「おい、何してんだ」と店内に客として偶然いた友人の男性から声がかかった。容疑者はナイフをしまって店内にとどまり、約10分後に店員の通報で駆けつけた警察官に逮捕された。抵抗する様子はなかったという。

http://www.asahi.com/articles/ASG533TFLG53UDCB004.html?iref=com_alist_6_02

パチンコは長期間やっていると負けてしまいます。
パチンカーのみなさんは、お店の出玉グラフを見てみると一時的に出るパチンコ台があっても長期的に上昇している台はごくごくわずかです。
しかし人間はリスクがある事を好みます。
もしかしたら、また30連チャンするのではないかとか、現実にはなかなか発生しないにもかかわらず1%にも満たない望みに願いを託し、なけなしのお金を投入することになります。

そのお金が今月の生活費だったり子供の養育費だったりしても、依存者は今度こそはとお店に足を運びます。

軽度な依存者は、大負けしてやめる事が出来るかも知れませんが、重度な依存者は違います。

軍資金を得る為に、どんな事をしてもお金を用意して明日のパチンコに向かう事になります。

嘘をつく、もしかしたら犯罪を行うかも知れません。

メインメニュー


どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本-【電子書籍】

どうしても、ギャンブルをやめられなくなったら読む本